2014年05月15日

第53回静岡ホビーショー レポート

こんばんわ
GunShop S・A Arsenalです。

本日第53回静岡ホビーショー業者日に行きましたので
早速新製品のほうを紹介したいと思います。

ちなみに18日の一般日も視察しますので
こういったもののレポをして欲しい!なんかのご要望がありましたら
どんどんコメントしてください。
レポートしてきます。

【東京マルイ】

今回の東京マルイの隠し玉
「M4A1 MWS(モジュラーシステムウェポン)ガスブローバック」です。
やはり、予想はしてましたが、ついにマルイさんも長物ガスブロを出しましたね。

すでに他社がM4ガスブロを出してる中、後発組のマルイですが
後発だけあり、マルイさんもいろいろ新機軸を投入したようです。

・新規金型レシーバー
 今回出すに当たって、外装は既存の電動ガンと共用ではなく
 新規に作成したそうです。
 そのため、RASなどは電動ガンとは互換性はないそうです。

・リアル形状デルタリングスプリング
 デルタリングスプリングは実銃形状に似せた
 リアルなものとしたそうです。

・リアル刻印ははっきり
 今回刻印類は、セレクターや実銃刻印は打刻により
 深くくっきり入っています。
 その一方社名ロゴやASGKロゴはレーザー刻印により
 薄く入れてあります。
 実際デカ広報も気がつかないほどの薄さでした(笑)

 刻印が薄いということは、穴も薄いということなので・・・
 つめる量のパテは少なくて済みますね。

・実銃準拠セラコート塗装
 今回表面仕上げはメーカーでは初の
 ミルスペック準拠実銃同様の「セラコート」としました。

その他、装弾数は30~40発を予定しているようですが
現時点では未定だそうです。
しかし、燃費は1チャージで3回分にしたいとのことでした。
ガスタンクを見る限りはそこまで容量は多い感じでなかったので
燃費はよさそうですね。
サイクルも実銃と同程度を目指すとのことです。

 

次に新製品のエアリボルバーシリーズですが
まだ現時点では発売未定でした。
カートリッジ形状はリアルで、弾頭と薬莢は別パーツのような感じです。
まさかこの弾頭が動くということは・・・ないですよねえ~
早く発売しないか待ち遠しいですね。



さて、ここまではマルイさんでしたが
皆さんこのあたりはレビューされてるようですので
当店としては切り上げ、もうひとつのエアガンメーカー
「クラウンモデル」さんの新製品を紹介したいと思います。

今回新製品として紹介された「TYPE96ジュニア&シニア」の紹介です。

前回全日本ホビーショーで紹介され
今回発売日が7月および8月と決まりました。
予価がジュニアが12800円、シニアが13800円とのことです。
スコープやバイポット、サイレンサーは後日別売りだそうです。
そうそう、マズルのネジ径M14逆ネジだそうです。
だと、いろいろオプションの取り付けも出来そうですね。
装弾数は36発だそうです。
また、先発のスーパーライフルと違い
ボルトハンドルもTYPE96にあった形状の物に変更されており
より引き締まった感じがあります。

今回ODや女子サバにはぴったりなピンクも展示されていましたが
とりあえず、販売は黒のみで参考展示品とのことでした。

試射ブースがありましたのでジュニアもシニアも撃たせて頂きましたが
ジュニアはとにかくコッキングが軽い!
メインスプリングがあるとは思えない軽さです。
命中精度に関しては、スコープの調整が今ひとつだったようですが
おおむね公称値である10mで50mmぐらいにはまとまっていると思います。

シニアのほうは18歳以上用だけあり、コッキングはジュニアより重くなりましたが
それでもかなり軽い部類です。
スムーズさではVSRに軍配が上がりますが、軽さで言えばいい勝負です。
速射も余裕ですね。

 




次に低価格路線の小型オートの
エアコッキングシリーズがありましたので紹介します。

モデルアップはグロック29C、トーラスミレニアム、コルト25オートの3種類で
どれも2000円を切る安価な価格設定です。
グロック29Cについてはサイレンサーなしとありの2種が展示されていたので
別売りなのか質問してみましたが、なんとサイレンサーも付属しての販売とのことです。
これはお得ですね。


以上で、今回のホビーショーレポートを終わりますが
前述したとおり、18日の一般日にも行きますので
ほかにレポートして欲しいものがありましたら、コメントいただければ、レポ致します。
  


Posted by GunShop S・A Arsenal  at 20:11Comments(0)イベント