2017年08月13日

トキワ街インドアゲーム会(定例会)におけるゾンビ行為について

いつも当フィ+ールドをご利用いただきありがとうございます。
GunShop S・A Arsenalです。

最近インターネット上で定例会のゾンビ行為が多数見受けられるという
書き込みが多数なされているとの情報が入りました。
それにつきまして、当フィールドの運営管理が行き届いていなかったと反省しております。
それが出来ていなかったことで、多くのお客様にご不快な思いをおかけしてしまい
誠に申し訳ございませんでした。
この度の事例を踏まえ、より良いサービスを提供させていただけるよう努力してまいりますので
今後とも当フィールドをご利用いただけたらと思います。

サバイバルゲームが、参加者の善意に基づく「自己申告」で成り立っている遊びである以上、
避けられないことなのかもしれません。
それに対し、現実的な根本解決策が無い現状ではありますが、少なくとも「悪質なゾンビ」(HITしたことを認識しているのに無視する行為)撲滅の意識は、運営側として、強く持っていきたいと思っております。

現在当フィールド、皆様にレギュレーション説明を行う際に、「ゾンビ行為は絶対にしないでください」「それを見かけたら教えてください」とアナウンスさせていただいております。
そこで皆様にも再度ご協力頂きたい事がございます。
もしゲーム中にゾンビ行為を見かけた方は必ずすぐに受付まで報告して下さい。
運営側だけでフィールドの隅から隅まで監視する事は非現実的である以上
参加者の皆様からの報告が無ければどういう形であれ対策の取りようがありません。
ただし、ゾンビ行為を見かけた場合は他人同士で直接注意しますとトラブルの原因になりますので
行わないでください。
最近ですと、ヘッドマウントカメラの普及によりゲーム中の動画を撮影しやすくなりました。
もし、これらで撮影した中にゾンビ行為が映っていましたら是非ご提供ください。
今後当フィールドでは「疑いようのない明確なゾンビ行為の物的証拠」が提出された場合は
ゾンビ行為者の会員資格のはく奪と今後の参加をお断りする方針といたします。

しかし、状況によっては悪意がなく純粋に
撃たれた側は「BB弾が当たったことに気づかない」こともあるかもしれません。
また、撃った側も当たっていないのに、当たったと自分が思い込んでいるだけかもしれません。
そうなると、撃った方としては「絶対に当たっている、あの人はゾンビだ」と思われるでしょうし、
撃たれた方はそもそも当たった認識すらないため、
「ゾンビ行為なんてしてないよ」と思われると思います。
サバイバルゲームは自己申告」で成り立っている遊びである以上
撃った側、撃たれた側の双方が、「当たったことに気づかない場合もある」ことを認識し
撃たれた側はたとえ当たっていなくても当たった気がしたらHIT宣言をする等厳しく判断をしていただき、撃った側は、少々寛容にご判断いただくという意識を皆様に持っていただけると、円滑で楽しいサバゲーが出来るのではないでしょうか。

長文となりましたが、当フィールドとしましては、より楽しいフィールドを作っていくとともに、ご来店いただいた参加者様同士楽しくコミュニケーションを取っていただける場にしていきたいと思っておりますので、今後とも、当フィールドをよろしくお願い申し上げます。
  

Posted by GunShop S・A Arsenal  at 18:00Comments(0)