2014年05月07日

クラウンモデル スーパーライフルU10分解講座①

本日より、クラウンモデル スーパーライフルU10分解講座を行います。
初回は基本分解編です。




まず、ストックとアクションを分離します。
ここは非常に簡単で、ストック下部前方のプラスネジ1本外すだけで分離できます。

ストックとアクションが分離できました。


次に、アウターバレルを分解します。
アウターバレル根元にあるマイナスネジ2本を緩めると外せます。
完全に外す必要はありません。
このネジはタッピングビスで、プラのバレルハウジングに直接ねじ込まれていますので
組み立てる際、強く締めるとネジがバカになりますので
締めすぎに注意して下さい。

アウターバレルが外せました。
U10はインナーバレルとアウターバレルが結合していますので
アウターバレルを分解するとインナーバレルも一緒についてきます。


次は、シリンダーを取り外します。
外すには、トリガー後部にある、ポンプストッパーを下げます。
穴の中にドライバー等を突っ込み下に押し下げてください。

押し下げましたら、シリンダーが抜き取れます。


続いて、バレルハウジングを外します。
前述のアウターバレルを外した際に緩めたマイナスネジの後ろにある
プラスネジを外してください。

バレルハウジングが、レシーバーから外せました。


最後に、レシーバーを分解します。
まず、レシーバー側面にあるプラスネジを3本とも抜き取ります。
このネジは反対側のナットで固定されていますので
このナットも無くさないように注意して下さい。

続いて、レシーバー後端シリンダーを収める部分にあるプラスネジを外します。

最後に、レシーバー前方下部にあるプラスネジを2本外します。
これで、レシーバーの分解準備が出来ました。
レシーバーは
・アッパレシーバー
・トリガーユニット
・フロントレシーバー(前方下部)
の3点で構成されています。
分解する際はトリガーユニット、フロントレシーバーの順で取り外します。
これらパーツははめ込み式ですので、アッパーレシーバーを左右に広げながら
外すと簡単に外せます。

レシーバーが分解できました。


以上で分解講座基本編を終わります。
次回はシリンダー分解を行いたいと思います。






同じカテゴリー(カスタム例)の記事画像
チューニング依頼もしています
WA M4用 外部ソースコネクター再生産
マルゼン ニューイングラムM11 修理
TSR-Zero シリンダー分解
CA870 修理
AGM M4A1 ガスブローバック修理
同じカテゴリー(カスタム例)の記事
 チューニング依頼もしています (2014-12-03 22:00)
 WA M4用 外部ソースコネクター再生産 (2014-09-15 20:00)
 マルゼン ニューイングラムM11 修理 (2014-08-02 20:00)
 TSR-Zero シリンダー分解 (2014-08-01 19:47)
 CA870 修理 (2014-06-23 21:00)
 AGM M4A1 ガスブローバック修理 (2014-06-15 20:00)

Posted by GunShop S・A Arsenal  at 17:00 │Comments(0)カスタム例

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。