2014年05月08日

クラウンモデル スーパーライフルU10分解講座②

前回に続き、クラウンモデル スーパーライフルU10分解講座を行います。
今回はシリンダー分解編です。


シリンダーを分解するにはまず、ボルトハンドルを外す必要があります。
写真のように、ボルトハンドルを止めているネジは
分解防止の為、穴が埋められています。
しかし、先端が少し飛び出ているため
この飛び出ている部分を写真のように
ペンチ等で掴み回して、外します。
飛出し量はわずかですので、掴みにくいですが
うまく掴んで外してください。

ボルトハンドルを外すことが出来ました。


続いて、シリンダーの中身を取り出します。
取り出すにはエンドボスかシリンダーヘッドを外す必要がありますが
シリンダーヘッドはネジ穴が埋められている上、カシめられていますので
エンドボス側より分解します。

エンドボスは、スプリングピンで止められていますので
このスプリングピンを外します。

外すにはピンポンチを使い、内側へ押し込みます。
写真のようにバイスで固定して行うとやりやすいです。
このスプリングピンですが、中にあるボルトハンドル固定用のナットが邪魔をし
外側からでは完全に抜くことが出来ません。
ですので、ある程度引っこんだら、エンドボスをひねりつつ、引っ張り出してください。
恐らく抵抗があると思いますが、うまく引っ張り出します。

エンドボスが外せましたら、写真のように
ペンチ等を使い、スプリングピンを内側から押し
抜き取ってください。     


以上で中身が取り出せます。


次は応用編です。
工具を使用しますので、難易度は高いですが
出来る方はチャレンジしてみてください。

前述でシリンダーの中身を取り出すことが出来ましたが
分解するたびに、スプリングピンを抜き取るのでは面倒じゃないですか?
なので、次回より分解しやすくするため、エンドボスをイモネジ留めにします。

使用する工具
・タップハンドル
・M5タップ

バイスでエンドボスをつかみ、タップを使いネジを切ります。
下穴はちょうどいいサイズなので、追加工は行いません。
切り終わりましたら、反対側も同様にネジを切ります。

続いて同じように、シリンダー側もねじを切ります。
もちろん反対側もです。


切り終わったら、イモネジで止めるだけ
これで次回より簡単に分解できます。


以上でU10分解講座を終わります。
いかがでしたでしょうか?
最後のタップ編は難易度は高いですが、ご安心下さい。
上記の加工は当店でも承っております。


当店へシリンダーを送って頂ければ、分解可能な状態にし
お客様へお送り致します。
この加工を行えば、何度でも気軽に分解でき
しいては常にベストコンディション維持へ繋がります。






同じカテゴリー(カスタム例)の記事画像
チューニング依頼もしています
WA M4用 外部ソースコネクター再生産
マルゼン ニューイングラムM11 修理
TSR-Zero シリンダー分解
CA870 修理
AGM M4A1 ガスブローバック修理
同じカテゴリー(カスタム例)の記事
 チューニング依頼もしています (2014-12-03 22:00)
 WA M4用 外部ソースコネクター再生産 (2014-09-15 20:00)
 マルゼン ニューイングラムM11 修理 (2014-08-02 20:00)
 TSR-Zero シリンダー分解 (2014-08-01 19:47)
 CA870 修理 (2014-06-23 21:00)
 AGM M4A1 ガスブローバック修理 (2014-06-15 20:00)

Posted by GunShop S・A Arsenal  at 20:00 │Comments(0)カスタム例

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。