2016年10月14日

【エアガン史】東京マルイ ブローニングハイパワー

こんばんわ。
GunShop S・A Arsenalです。
突然ですが、私は古いエアガンが好きです。
店頭に置いているカタログも半分以上は古いものばかり
(89~95年ぐらいまでが結構揃っています)

というわけで不定期で古いエアガンのレビューを「エアガン史」と銘打って
今回から不定期でやっていこうかなと思います。

まず最初は東京マルイのガスブローバックのブローニングハイパワーです。

【基本スペック】
作動方式:ガス圧前進式ブローバック
全長:205mm
重量:550g
パワー:約0.4J
装弾数:15発
定価:5900円
備考:ガス圧が上がりすぎるとブローバックしない

エアガン史上初めて、ガス圧によるブローバックメカを搭載したM59に続く2作目です。 概観はユニット搭載のため、類似ユニットのヨネザワガスブローバックシリーズには劣りますが リコイルとパワーという面で大きく突き放しています。 ブローバックスピードは明らかに遅いのですが、リコイル自体は現在の物と比較しても 十分通用する程度の物があります。

ガス圧が掛かっていないときはヨネザワと違い、セイフティで固定するが出来ません。 マガジン側にはフォロアー・スプリングは無く、本体側に入っており リップは差し込んだ後に機能する物のみで、携帯時はキャップを給弾口にはめておきます。

この銃は本体にはガスタンクがなく、左の写真に写っているボンベにアダプターを使って充填し、本体に入れます。 このガスタンクですが、実は亜鉛合金製で普通のガスガンに内蔵されている物を取り外し式にして、ノズルをつけたような感じです。 写真で見ただけの方だと、ライター用ガスといった普通のガスボンベのような物だと思っていた方もいるのでは?

本体前方についている黒い部品が付いてるロッドがブローバックさせるメカで、ガス圧が掛かるとこれが前進します。 これとスライドをネジで繋げ、スライドを動かします。 この状態でも動きはしますが、本体後方の給弾制御に使うロッドがガス圧で噴き出すので撃てません。













同じカテゴリー(エアガン史)の記事画像
【エアガン史】東京マルイ ワルサーMPL
【エアガン史】ヨネザワ コルトゴールドカップ
【エアガン史】カナマル チャーターアームズ 44ブルドック
【エアガン史】フジミ模型 モーゼルM712
【エアガン史】ファルコントーイ ルガーP08
【エアガン史】ヨネザワ MPL
同じカテゴリー(エアガン史)の記事
 【エアガン史】東京マルイ ワルサーMPL (2016-12-15 13:48)
 【エアガン史】ヨネザワ コルトゴールドカップ (2016-11-29 20:15)
 【エアガン史】カナマル チャーターアームズ 44ブルドック (2016-11-27 18:00)
 【エアガン史】フジミ模型 モーゼルM712 (2016-11-24 18:00)
 【エアガン史】ファルコントーイ ルガーP08 (2016-11-16 18:00)
 【エアガン史】ヨネザワ MPL (2016-11-11 18:00)

Posted by GunShop S・A Arsenal  at 18:00 │Comments(0)エアガン史

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。