2016年12月22日

【エアガン史】アドベン ピコピコユニット

今回のエアガン史アドベン ピコピコユニットを紹介します。

【基本スペック】
作動方式:BV式
全長:
重量:
パワー:
装弾数:30発程度
定価:11000円(MK2)
備考:

アドベンが自作ユーザー向けに作ったBV式ユニットです。

 詳細は謎が多くアドベン製九六式軽機関銃に搭載されてたバリエーションが豊富(バレル固定ノズル保持型・セミフル切り替え型)発売はおおよそ1986~1987年前後(雑誌の広告を参考)と、情報が不足しています。

 性能としては普通のBV式ですが、マガジンにスプリングの無い自重落下給弾なので、持続した射撃には不安が残ります。 マガジンは上部の突き出たパイプに直接にエアホースを刺しこむ方式ですが ネジが切ってあるので何か別部品があるのかもしれません。

 本来のガスルートをふさげばエア給弾にも改造は可能で、ユニット自体はコンパクトで、部品点数も少なく堅牢なので、信頼の置けるものだと思います。

 類似のユニットは当時は色々なメーカーから出ていたようで 価格は大体8000~12000円程度が多いようで、殆どは真鍮製です。



  

Posted by GunShop S・A Arsenal  at 18:00Comments(0)