2014年08月01日

TSR-Zero シリンダー分解

この度O様よりTSR-Zeroのシリンダー分解メンテナンスをご依頼いただきました。

ご依頼頂いたTSR-Zeroです。
外装を外し分解していきます。



分解できました。
しかし厄介なことに、スーパー9のようにシリンダーがカシメられていました。
U10ではエンドボス側はカシメられていないので、メーカーによる方向性の違いですね。
TSRはボルトハンドルをプラスネジで止めて容易に外せるようにしているので
エンドボス側をカシメて分解防止としている。
U10はネジ山を埋めて、ボルトハンドルを用意に外せないようにしてあるので
エンドボス側はカシメていないということでしょう。
今回はカシメを除去し、エンドボスを分解しました。



今回は同時お買い上げ頂いた
サイレントOリングピストン
スーパー9系共用 電動ガン用スプリングピストン&スプリングガイド
に換装します。



後は元通り組み立て、修理完了です。

以上、1000円(税込・送料・部品代別)で承りました。
※今後エンドボス側がカシメられている機種については
 誠に申し訳ございませんが+500円の追加料金を頂きます。

当店では修理のご依頼も受け付けております
ご依頼は当店オンラインショップよりお願い致します。






同じカテゴリー(カスタム例)の記事画像
チューニング依頼もしています
WA M4用 外部ソースコネクター再生産
マルゼン ニューイングラムM11 修理
CA870 修理
AGM M4A1 ガスブローバック修理
VSR-10 シリンダー分解防止ピン除去
同じカテゴリー(カスタム例)の記事
 チューニング依頼もしています (2014-12-03 22:00)
 WA M4用 外部ソースコネクター再生産 (2014-09-15 20:00)
 マルゼン ニューイングラムM11 修理 (2014-08-02 20:00)
 CA870 修理 (2014-06-23 21:00)
 AGM M4A1 ガスブローバック修理 (2014-06-15 20:00)
 VSR-10 シリンダー分解防止ピン除去 (2014-06-11 20:00)

Posted by GunShop S・A Arsenal  at 19:47 │Comments(0)カスタム例

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。